2011年12月24日

アイザック・ニュートンの手書き原稿をオンライン公開

アイザック・ニュートンの手書き原稿をオンライン公開

これは素晴らしい試みだと思います。
先日のエジプト学士院の一件もありますので,
学術的な価値の高い文書は積極的に電子データ化すべきです。
そして一般公開することにより研究も一層進む筈。
特に古典文献は高額ですので電子化して欲しいですね。
日本でも取り組んで欲しいものですが,
電子データ化への無理解を考えると難しいのだろうなあ。

ニュートンといえば錬金術師としても名高い人物。
彼の業績が明らかになることをその筋の観点からも楽しみにしています。
posted by 森山 樹 at 22:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題

2011年12月23日

魔女裁判の地で小屋発掘

魔女裁判の地で小屋発掘,壁の中にはミイラ化したネコ

イングランド北西部のペンドルヒルで魔女の小屋が発見されたとか。
魔女狩りは忌むべき人間の所業のひとつではありますが,
その筋の人間としてはやはり興味をそそられる話題です。
「壁の中に塗り込められたネコ」なんてエドガー・アラン・ポーの小説ですよね。
この発見が如何なる帰結を見るのか楽しみです。
或いは当時の魔女の生活を知る重要な発見となるのかもしれません。
posted by 森山 樹 at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題

2011年12月21日

貴重文書焼失,エジプト学士院火災

貴重文書焼失,エジプト学士院火災

エジプトの革命の余波がこんなところに。
歴史趣味者としては非常に気になるところです。
少しでも多く無事であって欲しいのだけど。


修復の可能性,エジプト学士院火災


現地の研究者や市民の奮闘を祈ります。
特に古文書は消失したら二度と取り戻せないものですから。
posted by 森山 樹 at 20:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 話題